私は社会化のドッグトレーナー (小田原市 チャーリードッグスクール)

犬も猫も人も毎日がよりhappyになれますように♡

恐怖症に対応する



はてさて・・・
どんなことしたって・・・
夏はやってきます。
いいえ、夏に限りません。
雷はいつ鳴り響くかわかりません。
また、音が苦手なわけですから、
花火も、自動車の爆音も、シャッターの音、人の怒鳴り声
工事現場の騒音・・・
すべてが苦手な子もいることでしょう。

前回、ココに対する対応がNGだとお話しました。
では、どのように対応するのか。

その前に、4月1日の記事に対する
3105さんのコメントの一部をご紹介いたします。
うちのミーコは雷とか平気で、
イビキかいて寝ています。
ワタシが子供のころから「嵐の日」って
妙にウキウキして、雷や暴風雨なんか窓越しに
眺めるのが好きなせいかもしれません。
ミーコも小さい頃から私と一緒に
雹や雷を窓越しに眺めてました。


これは、社会化のトレーニングには最高の方法です。
何より、飼い主さんが楽しんでいる、
リラックスしていることが一番大切なのです。

では・・・もうおわかりでしょうか?

雷が鳴った。
犬が驚いた。
さあ、あなたはどうする
「キャー」
と耳をふさいでその場にうずくまる?・・・最悪です。
「○○ちゃ~ん、怖くないのよ~、大丈夫、大丈夫」
と言いながらうろたえる?
これがまあ普通の対応ですよね。
でも犬の恐怖は確信的になります。
怖がっていることをあなたが肯定してくれた、
そう受け取るらしいです。
なので・・・ここからは少し難しいと言うか抵抗があると
思いますが・・・
無言が一番です。
目を合わせるのもだめ。
必死で見つめてくると思いますが、目を逸らしてください。
見つめ返すと、犬は取り乱します。
抱っこするのはOK。でも、無言でお願いします。
できれば、楽しげに。
演技力
が必要です。
犬をなでて気を紛らわそうとするよりも
何でもないんだ、怖がることはいけないよ、と伝えるために
楽しげに過ごしてください。
楽しげな素振りとは反対に
「しっかりしろよ~」
とぎゅ~っと強く抱きしめてやってください。

・・・大変ですよ~。これは。
まるで、人間を試されている気がする、
といつも思います。

で、ここまで書いてきましたが、
実際パニック症状が酷く(ヨダレをたらす、舌を巻いたようになって
パンティングする、目の焦点が定まらない、体温が急上昇するなど)
手に負えない状態の子が絶対にいるはずです。
そういう子は、ぜひ獣医さんにご相談の上
精神を安定させる薬を常備された方がいいと思います。

また、今パピーをお育ての方は、
効果音のCDも発売されていますので
そういうもので、音慣らし、または飼い主さんの対応の
練習をされるのも、万が一に備えて有効な方法だと思います。