私は社会化のドッグトレーナー (小田原市 チャーリードッグスクール)

犬も猫も人も毎日がよりhappyになれますように♡

甘噛みの抑制(3)

       f:id:charliemama3:20190511173100j:plain

 

甘噛み・・・

可愛いはずの子犬が、犬飼い初心者さんにとっては 恐ろし~い顔をして噛みついてくるのですから、まあ厄介きわまりないでしょう。

噛んで噛んで噛みまくる犬から避難するように 椅子の上に避難する・・・ というような笑えない例は多いですね。

犬は口で遊ぶのですよね。

甘噛みは攻撃を学ぶ遊びです。

攻撃・・・獲物をしとめる、という攻撃ですね。 その練習です。

狩遊び、ですかね。

ただ、獲物をしとめるためのもので、 一緒に暮らすメンバーに向けられていい攻撃ではない、 ということは、 犬に教え込んでいかなければなりません。

ここでも、 強すぎる噛みはNGであることを自制で抑えられるように 飼い主さんは制御していかなければいけない わけです。

犬を迎えてすぐに、 飼い主さんは犬の自制を促すためにしつけを始める、 というのが理想的だと思います。

ところが・・・ 先ほどもお話ししましたように、 怖いものだから人が逃げてイスの上に上がるとか、 または、 鼻ピンに始まりマズルをつかむとか、首根っこをつかんで振るとか 犬には???な叱り方をされれば・・・ 人は弱い、もしくは 人は理不尽な攻撃をする、 そういう存在だと教えてしまっているのかもしれません・・・

最初がまずいかな~。

犬は弱い人の言うことや理不尽な人の言うことは聞く耳持たずでしょう。

そういう人が、犬をしつけなければとか トレーニングしなければとかで、おやつを使いだすとしますね?

甘噛みでも、おやつで釣って噛ませないようにするとします。

犬は・・・? 自制するどころかどんどん激しくなるかも・・・そう思いませんか?

なので、噛んで噛んで仕方がない、だからもっと噛めるおやつを見つけるとか、 もっと厳しく叱るとか、 ますますボタンは掛け違えられてしまうようです。

まずは、 噛まれることに恐れを抱かないということをお願いしたい。

また 噛まれることに憤らないようにお願いしたい。

甘噛みの抑制も自制を教えることなのですから まずは人が冷静になることから始めましょう。

冷静に、犬をハンドリングしていきますよ。 ハンドリング・・・です。