私は社会化のドッグトレーナー (小田原市 チャーリードッグスクール)

犬も猫も人も毎日がよりhappyになれますように♡

「犬の森」ファンクラブがスタートします

2018/11/14

先日のトレーニングの感想を書いていただきました。

了承いただき、こちらでご紹介させていただきますね。

日曜日はアレックスと、月曜日は単独で、小田原のチャーリードッグスクールで犬のお勉強。

アレさんは我が家の立派な一員でありますが、“家族だから人間と一緒なの♪”じゃなくて、“種の違う生物なのに家族として一緒に暮らしてる!”ことが、いつも不思議で面白くて。
それって、犬と暮らすことの醍醐味でもあるし、私が犬のことをもっと知りたくなる理由なんだと思います。

日曜日のリードの使い方のレッスンでは、ご一緒したわんこさん達が初めて3mリードを体験した途端、お鼻を使って広場を探索し始めたり、自分から礼儀正しく距離を取ったり、溌剌とした“犬らしい”姿を見せてくれると、本気で心打たれたり。
今日の座学では、尊重すべき“犬らしさ”を損なわずに引き出すことで、お互いが暮らしやすくなる方法について真剣に考えたり。
犬探究が止まらない二日間でした^^;

そんな私の道楽が、アレさんの日々の幸せに繋がって…ますように。

遺棄されて放浪していたところを保護されたと聞きます。大きなミニピン( ̄▽ ̄)アレックス君。

あれ母さんの感想を載せさせていただきました。

たいていの方が、めんどくさい、って感じるであろう学びを、道楽と言い切る飼い主さんに囲まれた私は幸せ者だといつも思います。(ありがとうございます)

犬たちはスパルタ人トレーナーで(笑)よ~くしごいてくれるので、日々進化し続ける飼い主集団です。

少なくはない犬の世界の窮屈な情報は、むしろ犬が噛む問題を起こさせている現状があります。

チャーリードッグスクールはナイーブわんこの典型さんが集まるし、こじれてしまった問題に困り果てた方が多いです。

なんでこじれたかと言うと、こじれる方法を教えられてせっせと頑張ったためです。

そんな理不尽なことってあるでしょうか?悲しいですよね。

だからしつけトレーニングに不信感を持つ方が多いと思いますが、しつけトレーニングは犬と人双方の心豊かな暮らしのための道案内ですから、みんなが熱望するものでなければならないと思っています。

そういう提言を10数年言い続けていますが、まだまだまったくと言っていいほど広がりを見せていない現状があるので引退しようという思いを吹っ切って( ̄▽ ̄)もう少し頑張ります。

そんな頑張る私と、嬉々として道楽に没頭するコミュニティをご紹介します。

犬の森です。

12月からCAMPFIREのファンクラブとして犬の森は歩き始めました。どうぞよろしくお願いいたします!